SB C&S

ソフトバンクグループのSB C&S
IoTソリューション
CONTACT

Sense Connect

Sense Connectとは

とても簡単にセンサーからデータを自動で収集。
それにより作業効率アップ、人手不足解消、正確なデータを管理・共有することができ、DX化を実現します。

Sense Connect(センスコネクト)は、様々なセンサーデータ収集し、クラウド上で一元管理し、現場の状況を可視化するトータルサービスです。

例えば・・・
・毎日の温度管理のチェック時間を削減できる
・温度やCO2濃度など設定した値を超えた場合にアラートが出せる

Sense Connect の特長

CO2・温湿度センサーを
最短即日からお試しいただけます!

デモ機1か月間 無料お貸出し!

簡単3ステップで
無料体験開始

例:CO2濃度

  • Step1
    Gatewayの設置
  • Step2
    センサーの取り付け・登録
  • Step3
    モニタリング開始

2つのGatewayと3つのセンサーの
計5点セットで届きます

Gateway LTE通信タイプ Wi-Fi通信タイプ

obniz BLE/LTE Gateway (Cat.4)

Gateway LTE通信タイプ

obniz BLE/Wi-Fi Gateway (USB)

Gateway Wi-Fi通信タイプ

センサー CO2濃度、PM2.5/10、温湿度 冷蔵庫の温湿度 サーバールーム等の温湿度

センサー CO2濃度、PM2.5/10、温湿度

センサー 冷蔵庫の温湿度

サーバールーム等の温湿度

Gateway・センサーは変更となる可能性があります。

Gateway・センサーは変更となる可能性があります。

無料お貸し出しされる機器及びサービス
機器

<センサー>
・マルチ環境センサー(CO2濃度、PM2.5/10、温湿度) 製品名:RS-BTEVS
・冷蔵庫の温湿度センサー 製品名:UNI-01-C003
・ワイヤレス温湿度センサー 製品名:UNI-01-X002

<Gateway>
・LTE通信タイプ 製品名:obniz BLE/LTE Gateway(Cat.4)
・Wi-Fi通信タイプ 製品名:obniz BLE/Wi-Fi Gateway(USB)

Gateway・センサーは変更となる可能性があります。

サービス

・Sense Connect 拠点数無制限プラン
・Sense Connect クラウド接続料(Sense Connectをご利用する際にセンサーをSense Connectに登録する費用)

システム構成図

例:CO2濃度

CONTACT

まずはお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ
Back to Top