SB C&S

ソフトバンクグループのSB C&S
IoTソリューション
CONTACT

CO2センサーでコロナ・
インフルエンザ対策するなら
Sense Connect

来社するお客様と出社する従業員への
最適な空気管理をいたします

感染症が収まりを見せない時代に、人の集まる空間に安心と安全を届けるためには、様々な課題があります。

オフィスにおける課題

管理の難しい空気環境を可視化し、最適なオフィス運営を実現
  • Ⅰ.換気すべき時間帯や換気に必要な時間が分かっておらず、飛沫感染の予防に不安。
    Sense Connect for 環境可視化なら、
    解決できます!
    CO2、温・湿度、PM2.5を時系列で見える化
    効果的で適切な換気と空気の浄化
  • Ⅱ.個室、会議室、店舗、作業場などの人が集まる場所の換気状況をまとめて把握して、改善したい。
    Sense Connect for 環境可視化なら、
    解決できます!
    複数拠点でも一括管理
    手間、ミスを削減
  • Ⅲ.サイネージやタブレットと繋いで、広く換気対策を周知し、アピールしたい。
    Sense Connect for 環境可視化なら、
    解決できます!
    専用ダッシュボードをwebブラウザ表示
    既存の機材に対応
Sense Connect for 環境可視化

無料キャンペーン

爆発的に増える冬の感染症に備える
対策ソリューション
Sense Connect

先着100社様に
Sense Connectを無償提供!
総額約15万円相当のIoTセットを今なら無料でお試しいただけます。
機器返却不要!キャンペーン期間終了後、 継続契約しない限り自動でお金がかかることはございません。

キャンペーン応募期間

20221231日(土)まで

簡単3ステップで
無料体験開始

  • Step1
    Gatewayの設置
  • Step2
    センサーの取り付け・登録
  • Step3
    モニタリング開始

キャンペーン概要

CO2+空気可視化センサー

環境センサー(CO2+空気可視化センサー)

無償で提供される機器及びサービス

<機器>
・環境センサー:RS-BTEVS1 1台
・IoTゲートウェイ:obniz BLE/Wi-Fi Gateway (USB) 1台
・USB用 ACアダプタ 1台
機器は利用終了後も返却は不要です。

<サービス>
・Sense Connect 拠点数無制限プラン
・Sense Connect クラウド接続料(Sense Connectをご利用する際にセンサーをSense Connectに登録する費用)

キャンペーン応募期間

2022年12月31日まで
(応募数が当社の無償提供予定枠に達した場合には、事前の予告なくキャンペーン応募の受付は終了いたします)

キャンペーン期間(無償利用期間)

2023年3月31日まで
(無償利用開始日を問いません)

システム構成図

オフィスの環境を可視化すると、
様々な場所での課題を解消できます
  • 課題

    • 感染対策を実施し、社員に安全に働いてもらいたい
    • 安心して、お客様には来社いただきたい
    • 何かあった時に対処できるようにしたい
  • 解決策

    • 客様・従業員に対し、換気状況をサイネージに表示させて見える化を実施
    • アラートによる換気タイミングの把握・換気する時間も可視化

Sense Connect for 環境可視化
6つの特長

  • 01

    PA方式の高精度CO2センサー搭載

    CO2センサーに、経済産業省のガイドラインに適合したPA方式でスイス・センシリオン社製のCO2センサー「SCD40」を搭載したセンサーを使用しています。CO2センサー「SCD40」は、光音響検出原理を採用したPASens®技術で、コンパクトながら精度が高いCO2濃度の計測が行えるため、安心してご利用いただけます。

  • 02

    高精度のPM(粒子状物質)センサーで、
    呼吸器系への有害物質を予防

    mCERTs認定のセンシリオン社PMセンサーを搭載。PM2.5、PM10 を計測できます。呼吸器系の影響を及ぼす可能性がある大気汚染物質のPM2.5はじめ、ホコリ、粉じん、カビなどPM10も計測でき、換気や空気の清浄化を促すことで空気質の改善が図れます。

    粒子のサイズ 代表的な例
    PM2.5 大気汚染物質、排気ガス、煙など
    PM10 ホコリ、粉じん、カビなど
  • 03

    空気環境をグラフで見える化
    複数拠点の一括管理も対応

    パソコンやタブレット、スマートフォンなどから空気質を確認でき、換気や空気清浄が必要なタイミングを知ることができます。また、設定値に達すると、アラートとしてメール受信ができます。
    ※CO2濃度は1,000ppm以下を超えていないか確認することを厚生労働省が推奨。

    1日分の状況をグラフ表示。換気が本当に必要となる曜日や時間帯を把握できます。さらに計測データをCSV形式でダウンロードでき、温度や湿度との関係なども分析・把握できます。すべて標準サービスでご利用いただけます。

    個室、会議室、教室、店舗などの複数展開にもちろん対応。
    台数の制約もなく一括で管理することができます。

  • 04

    カンタン3ステップで、スムーズに導入可能

    測定したい場所にobnizゲートウェイと環境センサーを設置し、カンタンな設定だけですぐにご利用いただけます。マニュアルもご用意しております。

    • Step1
      Gatewayの設置
    • Step2
      センサーの取り付け・登録
    • Step3
      モニタリング開始
  • 05

    豊富な各種センサーと接続して、
    機能の拡張や連携が可能

    省電力で安価な各種Bluetooth搭載のセンサーと接続や連携したソリューション展開が可能。拡張性にも優れています。

  • 06

    Wi-Fi環境だけでなく、LTE通信でも利用可能

    • 既存のWi-Fi環境に接続して
      すぐに利用可能!

    • Wi-Fi環境がなくても、
      LTE回線ですぐに利用可能!

料金について

クラウドを活用した先進機器や汎用性の高い通信を使用し、複数台・拠点にも月額費用がお求め易い料金設定です。(価格は全て税抜です)

初期費用

デバイス購入費
環境センサー
(1台につき)
¥19,800(標準価格)
obniz BLE
(1台につき)
¥9,800(標準価格)

月額費用A

サービス基本料
1拠点プラン
¥2,000
(月額/1拠点ごと)
or
サービス基本料
拠点数無制限プラン
¥30,000
(月額/1法人ごと)

月額費用B

デバイス接続料
デバイス1台につき
¥500(月額)

ご参考例
(環境センサー1台、obniz BLE1台、1拠点プラン)

初期費用
¥29,600
月額費用(A+B)
¥2,500

その他の活用イメージ

  • 人感センサー

  • スマートロックセンサー

  • LED/照度センサー

システム構成図

CONTACT

まずはお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ
Back to Top